<栃木県庁 論文試験対策>過去問と予想テーマ模範解答セット

栃木県庁の論文過去問と予想テーマ模範解答セットを紹介しています。

なお、下記の記事では公務員試験の論文頻出テーマをまとめています。
公務員試験受験生はぜひ参考にしてください。

試験概要

tochigi

【大学卒業程度】
・形式:論文
・試験時間:90分
・文字数:1100字程度

※2024年より「行政(特別枠)」を「行政(早期枠)」に名称変更

【高校卒業程度、就職氷河期世代対象】
・形式:作文
・試験時間:60分
・文字数:800字程度

【障害者を対象とする選考考査】
・形式:作文
・試験時間:90分
・文字数:800字程度

栃木県庁の論文予想テーマ模範解答セットはこちら↓

自治体ごとの過去問の傾向や方針、全国的な出題傾向等を分析し、その傾向を踏まえた上で予想テーマ全てに模範解答を収録しました。

公務員試験の論文を知り尽くした講師が執筆した究極の対策セットをあなたに。

大学卒業程度

行政、行政(福祉型)、警察行政

【2023年】
男女共同参画の推進について

【2022年】
高齢者がいきいきと暮らせるとちぎの実現に向けた取組について

【2021年】
地域活性化対策について

【2020年】
緊急事態宣言解除後の社会経済活動の本格化に向けた取組について

【2019年】
本県は、人口100人当たりの自動車保有台数が群馬県、茨城県に次いで全国第3位(自動車検査登録情報協会の統計情報:2017)となるなど、県民にとって自動車が日常生活を支える重要な移動手段となっています。一方で、高齢化の進展に伴い、高齢者(65歳以上)が被害者となる交通事故の割合が高い状況にある(高齢事故死者数の半数が歩行中に事故に遭っている)ことに加え高齢運転者による交通死亡事故も全国で相次いで発生しており、深刻な社会問題となっています。そこで、高齢者の事故を防止するために、県はどのように取り組んでいくべきか、あなたの考えを述べなさい。

【2018年】
大規模な災害の発生に備え、ハード・ソフト両面からの防災・減災対策等を行うことは、安全で快適な県民生活を確保していく上で大変重要となっています。そこで、栃木県として災害に強い地域づくりにどのように取り組んでいくべきか、あなたの考えを述べなさい。

【2017年】
交通・情報通信技術の飛躍的発展に伴い、人、もの、情報の移動が活発化し、経済、文化、スポーツなどあらゆる面でグローバル化が進展し、社会情勢が大きく変化しています。こうした国際化が進む中で、栃木県としてどのような取組が必要か、あなたの考えを述べなさい。

【2016年】
地方自治体と民間企業との協働について

【2015年】
日本の平成27年度一般会計歳出予算(総額96.3兆円)において、社会保障関係費(年金、医療、介護、生活保護費、社会福祉費、保険衛生対策費、雇用労災対策費)は過去最大の31.5兆円となり、全体の32.7%を占めています。将来的にも更なる増加が予測されているなか、限られた財源で対応しなければならない行政としてはどのような取組を行うべきでしょうか。あなたの考えを述べてください。

【2014年】
スポーツを活用した地域振興について

【2013年】
地域ブランド力の向上について

【2012年】
あなたが考える「人づくり」について、論じてください。

【2011年】
地球温暖化の進行など、環境問題は一層深刻になることが懸念されています。このような中、かけがえのない環境を次世代に引き継いでいくために行政の果たすべき役割について、あなたの考えを述べてください。

【2010年】
中央集権型のシステムから、地方分権型のシステムへの転換を一層推し進めるため、国と地方の役割分担の見直しなど、さまざまな議論が行われています。そこで地方分権改革についてのあなたの考えを述べてください。

行政(早期枠)

【2023年】
未来技術を活用した地域課題の解決について

【2022年】
防災・減災対策について

【2021年】
デジタル技術の活用による地域課題の解決に向けた取組について

【2020年】
新しい生活様式の定着に向けた取組について

【2019年】
人手不足対策について

【2018年】
※募集なし

小中学校事務

【2023年】
若い世代の人口増加に向けた取組について

【2022年】
地域社会の持続的な発展について

【2021年】
出産、子育てしやすい環境づくりについて

【2020年】
医療従事者等に対する差別・偏見の解消に向けた取組について

【2019年】
選挙投票率の向上について

【2018年】
大規模な災害の発生に備え、ハード・ソフト両面からの防災・減災対策等を行うことは、安全で快適な県民生活を確保していく上で大変重要となっています。そこで、栃木県として災害に強い地域づくりにどのように取り組んでいくべきか、あなたの考えを述べなさい。

※大学卒業程度(行政)と同じ問題

【2017年】
交通・情報通信技術の飛躍的発展に伴い、人、もの、情報の移動が活発化し、経済、文化、スポーツなどあらゆる面でグローバル化が進展し、社会情勢が大きく変化しています。こうした国際化が進む中で、栃木県としてどのような取組が必要か、あなたの考えを述べなさい。

※大学卒業程度(行政)と同じ問題

高校卒業程度

行政、警察行政、小中学校事務

【2022年】
あなたがこれまでに挑戦したことと、そこから学んだこと

【2021年】
あなたが学校生活・社会生活での体験から学んだこと

【2020年】
公務員として働く上で心がけるべきこと

【2019年】
人との関わりを通して学んだこと

【2018年】
働くことの意味について

【2017年】
私を成長させた出来事や経験について

【2016年】
忘れられない大切な約束について

【2015年】
心に残るおもてなしについて

就職氷河期世代対象

行政

【2022-2021年】
これまでの経験の中で、栃木県職員として生かしたい経験について

【2020年】
私が目指す栃木県職員像について

警察行政

【2022-2021年】
これまでの経験の中で、栃木県職員として生かしたい経験について

※就職氷河期世代対象(行政)と同じ問題

【2020年】
※募集なし

障害者を対象とする選考考査

行政、警察行政、小中学校事務

【2022年】
私の長所と、その長所を仕事でどのように生かしていきたいか

【2021年】
私が公務員になったら挑戦したいこと

【2020年】
私が理想とする公務員像

【2019年】
仕事をするうえで私が最も重要だと思うこと

【2018年】
私が理想とする社会人像

【2017年】
誰もが幸せに暮らせる社会づくりについて

【栃木県庁】論文予想テーマ模範解答セット

komuin-ronbun-past-trend-prediction

これまでの栃木県庁の過去問を徹底分析し、出題傾向を完全網羅しています。

また、栃木県重点戦略である「とちぎ未来創造プラン」において示されている「めざすとちぎの姿」を解析し、出題可能性が高い予想テーマについても内容に組み込んでいます。

その上で、全ての予想テーマについて模範解答を作成した、充実のセットとなっております。

組織概要
公務員試験論文道場

自治体別の傾向分析と予想テーマセットで最短・最速合格!|予想テーマすべてに模範論文を掲載した究極の対策セットをあなたに|論文試験の対策法・勉強法・役立つ情報を紹介|豊富な情報を提供し、公務員試験受験生をサポート

栃木県